葦毛湿原早朝自然観察会

天候:快晴
七十二候:紅花栄(べにばなさかう)
参加者:一般32名(うち子ども2名)、会員27名(うちジュニア会員1名)
担当指導員:D班

2017年度第2回目の地域自然観察会は豊橋市の葦毛湿原で開催しました。
通常の観察会より2時間早い7時30分から始めました。早朝の観察会にもかかわらず、多くの方に参加していただけました。
集合場所からカワモズクやエンシュウムヨウランなどを観察しながら湿原に向かいました。途中、耳を澄ませてサンコウチョウやキビタキなどの野鳥の声を聞きました。
湿原入口の広場で葦毛湿原のなりたちや歴史、植生回復作業について解説しました。
葦毛湿原ではこの季節に見られるトキソウやトウカイコモウセンゴケ、ヒメタイコウチなど様々な自然を観察することができました。

クスノキの樹冠の中で

Share Button