カテゴリー: 記念事業

創立30周年記念事業「シンポジウム 東三河の生物多様性を学ぶ」

記念行事は2012年1月21日 土曜日 午後1時から5時まで豊橋市民センター(カリオンビル)で開催した。参加者は一般120名、会員56名、合計176名である。6階の多目的ホールロビーでは会員の撮影した写真展も開催した。この事業は「あいち森と緑づくり 環境活動・学習推進事業交付金により実施したものである。参加者には記念誌として制作した「身近な生きもの観察ブック」を贈呈した。
シンポジウムの第1部は「The1212コンサート・ネイチャーフォーク」がいがりまさしさんとYancyさんでアンコールもでる人気であった。
第2部は基調講演「東三河の生物多様性」で愛知教育大学特別教授芹沢俊介先生により行われ参加者は生物多様性の大切さを実感した。
その後、休憩をはさんで「自然観察会活動における生物多様性〜活動報告」が寺本会員のコーディネイトにより、星野芳彦、中島芳彦、岩瀬直司会員がそれぞれ昨年担当した葦毛湿原、田原権現の森、吉祥山に関して報告。芹沢先生からもコメントをいただき、参加者からの質疑応答をへて終了した。

Share Button

創立25周年記念事業

NPO東三河自然観察会は2006年、創立25周年を迎えました。
2006年は創立記念事業を多く、行います。事業企画を暫時、紹介していきますので、多くの皆様方のご参加をお待ちしています。

  1. 記念事業のそのI
    • 写真展 弓張の季・VII
      場所:Gallery 亜鳥絵(豊橋市東雲町)
      期間:3/21〜3/31(27日は休み)、9:00〜18:00
      今回の写真展『弓張の季・Ⅶ』は、メンバー5人の所属する東三河自然観察会の創立25周年を記念した写真展です。弓張の素晴らしい自然の写真展示と東三河自然観察会の活動を紹介します。是非とも、ご来場いただきたいと思います。
      なお、この写真展も今回で最終回となります。いままでいただいた皆様の数々の激励に対し、心より厚くお礼を申し上げます。どうも有難うございました。
    • 豊橋市制100周年記念サポート事業「豊橋公園、金色島、沖野定例自然観察会」
      3月から12月まで毎月第2日曜日に開催します。
      集合場所:豊橋市美術博物館前
      集合時間:午前9時20分
      参加費:大人@100円(傷害保険料とテキスト代)
      開催時間:午前9時30分から正午まで
      申し込み:事前の申し込みは不要です。当日、開催時間までに集合場所へお越しください。
    • 地域自然観察会のご案内
      豊橋市東七根海岸「海浜植物」(豊橋市制100周年サポート事業)2006年5月7日開催
      三上緑地「河原の観察」2006年6月4日開催
      葦毛湿原「月見の宵」(豊橋市制100周年サポート事業)2006年10月7日開催
      宮路山「ツツジの紅葉」2006年11月26日開催
  2. 記念事業のそのII
    創立25周年記念誌「三遠南信 自然いっぱい」を平成19年春に発行します。
    この記念誌は神野教育財団からの助成金をいただき、発行します。
  3. 記念事業のそのIII
    「森の学校」映画会と「どんぐり工房」、そして「大蔵山・森の学校」自然観察会を開催します。
    すべて参加費は不要です。事前の申し込みも不要です。参加したいプログラム開催時間までに会場にお越しください。
    期日:平成18年11月3日(土曜日)文化の日
    会場:豊橋市視聴覚教育センターと大倉山
    スケジュール:第1部 映画会「森の学校」(河合雅雄先生自叙伝)
    第2部 どんぐり工房と大倉山・森の学校自然観察会
    レポートはこちら。
Share Button

森の学校、大倉山自然観察会、どんぐり工房

天候:晴
NPO東三河自然観察会創立25周年記念事業のひとつ、映画会「森の学校」と森の自然観察会、人気のどんぐり工房を豊橋市視聴覚センターさんとの共催で開催しました。豊橋市市政100周年記念サポート事業でもあります。
朝早くから、参加の皆さんご会場を訪れ、楽しい行事となりました。

Share Button

創立20周年記念事業

東三河自然観察会は、この地域で行う自然観察会を通して、地域の方たちが自然と人間とのかかわりが合いを知り、より深く自然を理解して、自然環境の大切さを知っていただこうということを合言葉に活動し、おかげさまで2001年、創立20周年を迎えることが出来ました。20周年を記念して行事を行いました。

  1. 豊橋公園を中心とした自然観察会の開催
  2. 記念講演会・シンポジウム・写真展
    • 記念講演会「ドラマの中の風土」
      知立市文化センター館長・元NHKディレクター 伊豫田静弘(豊橋出身)
      開催日時:2001年11月11日 午後1時から
      開催場所:豊橋市職員会館
    • 分科会シンポジウム
      都市公園・自然観察会・自然保護・総合学習など
    • 写真展「東三河の自然今昔」
      観察会テキストの展示
  3. 記念グッズ
    絵葉書の展示・即売
    精文館書店本店で販売し、好評のうち完売いたしました。
  4. 20周年記念誌の刊行
    20周年記念誌は2002年1月27日発行しました。20周年記念行事の詳細な報告や会員のおすすめ自然観察ポイントなど価値ある情報が記載されています。60ページのボリュームとなりました。
Share Button

車イスの目で見る自然観察

東三河自然観察会20周年記念観察会の第4回目は、豊橋公園で豊橋市を中心に組織する「車いすを楽しむ会」のみなさんと秋の公園の様子を見ることにしました。豊橋市の都心、市役所の東隣にある豊橋公園は、吉田城の城址で、平城としての堀、土塁が残されており、石垣も苔むして趣のある風景を形成しています。公園内には、ムクノキ、エノキ、ケヤキの大木が数多く見受けられ、歴史を感じることが出来ます。
茶臼山から始まった愛知県の紅葉前線は10月下旬には平地まで下りてきて、豊橋公園の樹木も色付き始まります。
今回は車いすのみなさんとあいにくの天候でしたが、幸運にも観察時間中は雨にも降られず、目的は達成できました。
以下は当日の画像を入れた自然観察会の様子を紹介いたします。

実施日:平成13年10月28日(日曜日) 午前9時30分〜11時30分
参加人員:車いすの方を含めて、総員49名でした。
当日、参加された皆さんから貴重なアンケートをいただいています。例えば、豊橋公園をどのように改善すれば、車いすでより楽しく散策できるか等の提言をいただいています。これは、後日、このHPの自然工房のページに掲載し、画像をまじえた改善策を提案したいと考えています。

「車いすを楽しむ会」の会報第11号、2001年12月10日発行ではこの時の様子を一味違った観点から伝えています。

Share Button