豊橋公園定例自然観察会

天候:曇り
参加者:一般21名(うち子ども8名)、会員16名

今年度4回目の定例自然観察会です。
今回はいつもの豊橋公園内ではなく、公園北側の沖野で水田脇水路の生きものを主に観察しました。
カブトエビやホウネンエビ、ナマズの稚魚、タニシやジャンボタニシなどが観察できました。
水路が朝倉川に合流するあたりではカラスムギの手品?で楽しみ、黒く熟したマグワの実を味わうこともできました。
*の写真は尾崎会員提供です。

20130609-カラスムギ

カラスムギの芒に水をかけるとどうなるでしょう?

タイトルとURLをコピーしました